2014年03月12日

スコアきた

TOEFL iBTのスコアがやってきました。
テスト日 3/2 → スコア 3/12 0:00すぎぐらい
2週間って言ってたけど約10日でした。

Sun Mar 02 09:30:45 EST 2014

sec1. Reading 25/30 High
タイムアップで問題いくつか残した割には…。時間が足りなくなるぐらいだから結構ていねいに読んでたんでしょう。あとは野生のカンが働いたとしか思えません。
今後受ける際には、自分の目をさらに酷使し、野生のカンに磨きをかけようと思います。
なお、形は違えどペーパーベースのTOEFLとの違いは感じませんでした。紙だと答を先に読む方法でスピードアップできますが、iBTではそれができない。そのため、ヤマ張りながら本文を読むことになります。ある意味、博打なのです。

sec2. Listening 23/30 High(ギリギリ
実は、ここが一番自信あったのですが、ものの見事に惨敗しました。
言い訳させていただくと、余裕こいてトイレに行ったからというよりは、どのタイミングでトイレ挙手するか、我慢しながら考えてたからかもしれません。または、ただ単に引っ掛け問題に引っ掛かったのかも。「引っ掛けかな〜?」と思った問題もありましたので。

sec3. Speaking 26/30 Good-Good-Fair
なんで点数取れてるのか、さっぱり理解できないんですが。日本からの受験者には甘いとか、高齢受験者には甘いとか…まさかとは思いますけども。
話す題材として、「読む/聴く」してる最中に、面倒くさくなっちゃうとダメかもな、と思います。実際、架空のキャンパスの話だったりして、もう正直どうでもいいよそんなのー…って内容なんですよ。それでも真剣にメモとって柱立てして話出さないといかんのですよ。それこそ機械的に。そのへんの心の張りをキープするのがキモであり、難しいところだと思いました。

sec4. Writing 21/30 Fair-Good
確かに1問目は変なとこクリックして問題文の画面見てないんですが、それにしても文章書くのに大きな影響はないと思われるので、この低評価は力不足だったからだと思います。なんかシュモクザメの話だったよな…と記憶。コメントに「重要なポイントを欠いた説明」と書かれてるとおり、あらすじ追っただけの文だったかも。ポイントをつかんで最初にバーンと提示しないと、英語のサマリーにならないですもんね。勉強しました。
その点、あまり記憶に残ってない2問目は、無意識にうまいことやったようです。何をうまくやったのか憶えてないという悲しさ…。

というわけで、Total 95(120満点)。
スピーキングはまぐれなので、90点ぐらいと思っておきます。
一年後に受けても加齢で点数下がるだけでしょうが、万が一受けることになったら、その時はキチンと対策したいと思ってます。
posted by cheenuts at 18:52| 埼玉 ☔| 英語界隈 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。